読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴジマエ~後日読み返してもらいたいささやかなまえがき~

1971年生まれ。京都府出身・在住。コピーライター・プランナー。約15年間、大阪の広告制作会社勤務ののち2012年7月からフリーランスに。キャッチコピー一発から広告全体のプランニング・進行管理、企業の販促企画(企画書作成)まで、会社案内や学校案内・フリーペーパーなどの取材からライティングまで、幅広くやってます。 お仕事の依頼などはfuwa1q71@gmail.comまで。 

いわゆる「年頭雑感」的なものを書いてみた。

まったくいまさらでアレなんですが、あけましておめでとうございます。新年に際してまあなんとなくブログタイトルも書式もすこしマイナーチェンジしてついでに更新頻度もちょっとは上げていこうかなーなんてことを思いつつ、なんの拘束力も法的根拠もないのでそこはまあテキトーにやっていく所存です。とまあなんとも心もとない年始の誓いを立てたところで今年の抱負など。

 

昨年は14年も勤めてきた会社を辞めてフリーランスになって、それから奥さんは妊娠・入院・出産という一大事業を行われまして、まあぼくとしては(おそらくは日本社会的にも全人類的にも)ぼくの独立云々なんかよりこっちのほうがぜんぜんエライわけですから、ぼくとしては後方支援部隊よろしく半年近くのひとり暮らしと慣れない行政機関の手続きやらなんやらに文字通り追いたてられ「えらいこっちゃ、えらいこっちゃ」言いながら、おかげさまでこれまで通りの方々からこれまで通りお仕事を継続でいただき、また新しい人びとから新しい仕事をいろいろいただいたりして、なんとかかんとか、忙しくやっていくことができた次第です。

 

で、新年ということもあって、そしてじきにいよいよ家族が帰ってきて一家四人での生活がはじまることもあって、まあこれからが本当のスタートです。いままではあくまで試運転というか、はたまたお試しキャンペーン期間といいますか自分のなかでも最悪の場合はクーリングオフでいわゆる「厚生年金に再加入」もっといえば釘ひろいでもなんでもやりまっせ的な「いざ!」な事態も考えとかなくちゃイカンゼヨ、みたいな気持ちで、いわゆる最前線で危険を冒す偵察部隊よろしく悲壮な決意ではないけども、案外そういうところもあるにはあったわけです(こう見えて気弱な小心者なのです、トホホ)。

 

しかし先にも書いたようになんとか軌道には乗りつつあるわけで、これもひとえにぼくの実力のおかげ、ということもなくて、それはやっぱりまわりの人に恵まれた、ということなんですよね、と人並みに。でもほんとうにそれはそうで、それこそがぼくの功績とでも言いますか、それは時にはケンカしたりもしながら、なんのかんの言いながら「仕事」を誠実にやってきたことでぼくが引き寄せてきたという点もないわけではないと思うのですけど、つまり、まったく自分の功績がないわけでもないとは思うけど、でもやはり、こんな自分の仕事を評価してくれたり理解してくれる人がいたから、というのはもういい子ぶりっこ(とか、いまのナウなヤングはわかるかな?)するわけじゃなく、実感としてあるわけです。これはもう本当にそうなんです。

 

だから辞める前は予感として、フリーになったいまは実感として、「仕事を誠実にやっている限り、干上がったりはしないだろう」というぼくなりの楽観があったし、いまもそれなりにあるわけなんです。そしていまのところ、それはだいたい間違っていないと思っています。だから今年もその調子で、楽観的にハハハハハと笑いながら誠実に仕事をしていこうと、ものすごい当たり前の抱負を語ることにしました。

そしてもうひとつ。

 せっかくフリーになったのだから、ライターと言わず広告と言わずもうすこしフィールドを広げていきたい、ということです。昨年末に、フリーライターの池田園子さんとお会いしてお話もしたのですがたとえば彼女のようにソーシャルメディアで有名人になっちゃうとどこで仕事してもあんまし関係ないんじゃないかと感じたり。

もちろん現地取材ものとか、住んでないとわかんない肌感覚な仕事はさすがに難しいだろうけど。でもこれだけ飛行機の価格が安くなってくればですよ、地方在住とかでもぜんぜん東京で仕事ってできるんじゃないかと思いますし、その逆で東京にいながら地方の仕事を受けることもできるんじゃないかな、とか。それにぼくも彼女もプランニングもやるので、そう考えればなんていうか仕事の領域って、じつは無限なんだなあとあらためて考えていたりしました。まあ一足飛びにそこまでいかなくても、そんな風潮はすこしずつ出てくるかもですし、そういうことをひとつきちんと形にしていく一年にしたいなと思います。

 

まあ、まずはいまやっているフリーペーパー「PONTO」。まだまだゼロ号みたいな創刊号をひとまず「出しただけ」の状態なので(そんな状態にもかかわらずPONTOのフェイスブックページに吉村智樹さんが「いいね!」をしてくれてたのには驚いたし感激もした。なぜってぼくはむかしやってた「ディープキッチュ」なんかが大好きで見ていたし、けっこう好きな作家さんだったから)コンテンツの推敲とかもっと多様なメディアを活用した展開とか、あれやこれや。聞こえて来てる反応をもとに、きちんとした形にしていくというのが先決です。これももしかしたら智恵を出し合ったりできたらいいなと思っているので手を貸してくれる人、知恵を貸してくれる人、なんのかんの言いたい人などなど関心があるかたは、遠慮なくご連絡ください。

 

まあそんな感じで、小渕さんが「平成」と書いた色紙を出してから四半世紀近くなるのかとか思うとギャッと叫びたくなったりもする今日この頃ではありますが、みなさんどうか今年もよろしくお願いします。